母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

赤ちゃんや新生児の添い乳の仕方と方法

読了までの目安時間:約 10分
赤ちゃんや新生児の添い乳の仕方と方法画像

赤ちゃんや新生児に添い乳をしている人も少なくないのではないでしょうか?

 

やはり新生児や赤ちゃんのような状態だと、ママの普段の生活にかなりの負担がかかるので添い乳で少しでも負担を減らしたいと思う人は少なくないです。

 

どうしても授乳回数が多い時期だと普段の疲れもあって、どうしても添い乳に頼ってしまうのは無理のないことです。

 

ここではそんなママの為に正しい添い乳の仕方と方法について解説して行こうと思います。

 

添い乳とは?

添い乳とは画像

 

添い乳とはそもそもどのようなものなのか、あまり詳しくない人もいるかもしれないので簡単に解説しようと思います。

 

添い乳はママが赤ちゃんに添い寝しているような状態で授乳するという方法のことを言います。

 

横になりながら授乳することができるので、ママからすると体を休めながら授乳することができるので、疲労が溜まっているような状況だとありがたい方法になります。

 

とは言っても単純に添い寝しながら授乳するではありますが、意外と慣れてくるまでにはコツがいる方法でもあるので、しっかりと添い父の仕方と方法を知っておくことが大事です。

 

正しい方法でやらないとトラブルの元にもなりえるので、自己流でやらずにしっかりと仕方と方法を知っておきましょう。

 

慣れてくると母乳育児が結構楽になってくる方法なので、知っておくと便利です。

赤ちゃんや新生児への添い乳の仕方とコツ

赤ちゃんや新生児への添い乳の仕方とコツ画像

 

添い乳はママが寝た状態で赤ちゃんや新生児に授乳する方法です。

 

具体的なコツや流れについて下記で説明しているので、その流れに沿ってやってみてください。

 

①赤ちゃんと向き合うように横になる

 

赤ちゃんとママが横に寝て、ちょうど赤ちゃんと対面するような形になります。

 

そして横になった際に下になった乳房を使って授乳します。この時に赤ちゃんが母乳を飲み易いように、赤ちゃんの頭にタオルを敷くなどの方法で位置を調節するとやりやすいと思います。

 

この時に下にある腕はそのままにしているとしびれてきてしんどくなるので枕の下などに入れてしんどくないような状態にしておくといいです。

 

②赤ちゃんの首や背中を支える

 

赤ちゃんや新生児に授乳する際には空いている手で乳房を、赤ちゃんが飲み易い角度に調整してあげるようにするといいです。

 

またその時に赤ちゃんの背中や首に手を添えてあげると赤ちゃんの体制が安定してくるので飲みやすくなると思います。

 

③左右の乳房で交互に授乳しよう

 

添い乳ではどうしても授乳しやすい方の乳房ばかりをあげてしまいがちになりますが、片方の乳房だけ授乳し続けると、乳栓が起きたり母乳トラブルが起こる可能性があるので、左右交互に授乳しましょう。

 

下の乳房で授乳したら、次は上の乳房で授乳します。この時にはママが体を傾けて乳房が赤ちゃんの口に届くようにしましょう。

 

この時に、意外とママが赤ちゃんに覆いかぶさるような形になりがちなので、赤ちゃんの鼻などを塞いでしまうことのないように注意しながら行いましょう。

添い乳を行う際のポイントは3つ!

添い乳を行う際のポイントは3つ画像

 

赤ちゃんや新生児にママが添い乳を行う際のポイントは単純に3つに絞られてきます。

 

添い乳のポイント

    • 授乳の際の乳房の位置調整
    • 赤ちゃんの頭の高さ調整
    • 左右の乳房で交互に授乳する

 

基本的には上記のようなことをがポイントになってきます。

 

ママができるだけ楽な体制で行えるようにして、赤ちゃんがしっかりと授乳でき、赤ちゃんが窒息しないように上の乳房で授乳する際に注意することが大事です。

 

左右の乳房で交互に授乳できるママが一番楽な体制を見つけることが大事になってきます。

 

基本的な仕方とコツはこれくらいしかないので、そこまで難しいことではないと思います。

添い乳の危険性も知っておこう

添い乳の危険性も知っておこう画像

 

添い乳はママの負担を減らすことができ、楽に授乳することができるのでママからするとかなりメリットの大きい授乳方法です。

 

また秋や冬の寒くなる季節では布団で授乳することができるので、体を冷やさずに授乳できるので風邪を引くリスクを抑えることもできます。

 

そんな添い乳ですが危険性や注意点があるのでしっかりと知っておきましょう。

 

添い乳の危険性と注意点

    • 授乳の際に赤ちゃんが窒息する可能性がある
    • げっぷを確認する必要がある
    • 中耳炎になることがある
    • 乳腺炎になる可能性がある

授乳の際に赤ちゃんが窒息する可能性がある

添い乳の一番のリスクは授乳の際に赤ちゃんが窒息してしまう可能性があるということです。

 

赤ちゃんに添い乳していると、ママも日ごろの疲れが溜まってしまって、そのまま寝てしまうこともあると思います。

 

その際に何かの拍子でママの体が赤ちゃんに覆いかぶさるような状況になってしまうと、そのまま赤ちゃんが窒息してしまうこともありえます。

 

特に添い乳で上の乳房で授乳する際にはどうしても赤ちゃんに覆いかぶさるような体制になりやすいので、何かの拍子で覆いかぶさり過ぎないように、クッションやタオルなどを使って、位置を調整して、そういったリスクがないように行いましょう。

げっぷを確認する必要がある

添い乳をする際には赤ちゃんがしっかりとげっぷをするのを確認することが大事です。

 

ゲップせずに寝入ってしまうと、その後ですぐに起きてしまう傾向が強いようなので、しっかりとゲップさせてから寝るようにするといいです。

 

とは言っても夜にずっとげっぷが出るのを待っているのも大変なので、赤ちゃんが苦しそうしにして起きない限りはそっとしておくという人も少なくないようですね。

 

そのあたりは赤ちゃんの状況を見て判断するといいと思います。

中耳炎になることがある

添い乳をしていると中耳炎になる可能性があるという話ですが、これは横向きの状態で授乳した場合で、赤ちゃんが吐いてしまうと嘔吐物が耳に流入してしまうことがあるために発生することです。

 

添い乳で赤ちゃんのげっぷを確認する必要があるというのは、こういった中耳炎対策にも繋がるということだと思います。

 

他にも赤ちゃんの頭が沈み過ぎないように調整することも、添い乳による中耳炎対策になるので工夫してみるといいです。

乳腺炎になる可能性がある

添い乳をしていると場合によってはそのまま寝てしまって、片方の乳房だけで授乳し続けてしまうことがあります。

 

ただそのような状況が続くと乳腺炎になる可能性があります。

 

とは言っても添い乳でも左右平等に授乳すれば乳腺炎を抑えることはできるので、そこまで難しいことではないです。

 

実際に上記で紹介している添い乳の仕方と方法通りに、左右の乳房で交互に授乳していれば乳腺炎になる可能性は小さくなるので問題ないです。

自分なりの楽な姿勢での授乳方法を見つけよう!

自分なりの楽な姿勢での授乳方法画像

 

添い乳はあくまでも楽な授乳方法の一つです。

 

他にも色々な楽な授乳方法があり、その方法は人によって違ってきます。

 

椅子やソファ、リクライニングなどを使って授乳するという方法もありますし、場合によっては添い乳よりも楽に感じる授乳方法もあると思います。

 

実際にリクライニング授乳法という方法も注目されており、添い乳よりもやりやすいという人もいるようですね。

 

母乳育児はしっかりと行うことも大事ですが、手の抜けるところはしっかりと手を抜くことも大事です。

 

ストレスを溜めずに母乳育児を行うことが成功の一つのポイントになってきます。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

母乳の授乳環境

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る