母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

赤ちゃんの体重が増えない意外な原因

読了までの目安時間:約 6分
赤ちゃんの体重が増えない意外な原因

赤ちゃんの体重が増えないと悩んでいるママもいると思います。

 

乳幼児の体重の増加と言うのは非常に大事なことで、体重が増えない場合は病院などでしっかりと健診を受ける必要があります。

 

実際にこれといった問題がないのに体重が増えないというケースがあります。

問題なく育児ができているのに何故か子供の体重が増えないということがあり、どういった原因なのかわからず悩むというケースがあります。

 

そこには赤ちゃんの性格という落とし穴があります。

 

ではどういうことなのでしょうか?

赤ちゃんの体重について

赤ちゃんの体重について赤ちゃんの体重は基本的には月齢を重ねていけば普通に増えていく場合がほとんどです。

 

あくまでも目安ですが、出生時から比べると、生後3ヶ月くらいで体重は大体2倍くらいになって、1年後には約3倍くらいまで体重が増えます。

 

母子手帳に掲載されている発育曲線を目安にしている日とも多いのではないでしょうか。

 

こうしたグラフなどを参考にして赤ちゃんの成長が順調なのか判断するのですが、そうした場合に赤ちゃんの体重が増えてない時期があると不安に感じるのは当然のことです。

 

生後1年くらいまでは体重が劇的に増える大事な時期なので、この時期に体重の増加が遅れると、後の成長に異常をもたらすのではと不安に感じるのは当然のことです。

赤ちゃんの体重の増加はどうして必要なの?

赤ちゃんの体重の増加はどうして必要なの?赤ちゃんの体重増加についてママが一喜一憂しているなかで、どうして赤ちゃんの体重増加が必要なのか詳しく解説したいと思います。

 

赤ちゃんは最初はただ寝ているだけで何もできない存在ですが、生後1年くらいになってくると歩けるようになります。

 

こうした成長は、1年間の間に歩けるだけの筋肉や骨格や脳の発達などがあったからです。

 

体重が増えているということはこうした筋肉や骨格や脳の発達が順調に進んでいるということです。

 

体重の増加によって赤ちゃんの体は成長していくので、医師やママが体重の増加を気にするのは当然のことだということが理解できるのではないでしょうか。

いい子の赤ちゃんは体重に注意が必要

いい子の赤ちゃんは体重に注意が必要

赤ちゃんにはこれといった異常が普段の生活から見受けられないのに、体重の増加が悪いと乳幼児健診で指摘されたことはありませんか?

 

体重の増加は赤ちゃんの成長には非常に大事な要素なので、普段からチェックしていると思いますが、それでも何故か体重が増えないことはあります。

 

体重が増えない場合には、基本的には母乳やミルクの回数を増やすようにするのが一番効果的な方法です。

 

また母乳にいい根菜類や豆やハーブ茶、たんぽぽコーヒーなどを積極的に取り入れるようにして、さらに授乳環境や普段の生活環境に注意することも大事になります。

 

母乳の出も悪くないのに体重が増えないなど、原因がよくわからない場合には、赤ちゃんの性格に注目してみるといいです。

 

赤ちゃんがあまりにいい子の場合だと、よく寝て、起きているときは機嫌が良く、授乳時間に少し泣くくらいの場合だと、育てにくさを感じないので、何となく順調だと勝手に判断しがちになってしまいます。

 

赤ちゃんの普段の様子がいい子だと健康だと思い込んで、授乳回数が減っていても気がつかないケースがあります。

 

実際によく寝るいい子の赤ちゃんの場合だとどうしても夜中の授乳が少なくなる傾向にあります。

 

体重が増えない場合は、授乳回数をしっかりと確認することが大事になってきます。いい子で手のかからないような赤ちゃんの場合でも、授乳の回数の減少には気をつけるようにしましょう。

赤ちゃんをよく寝かせたいならミルクがいい

赤ちゃんをよく寝かせたいならミルク

上記のケースとは逆に夜中の授乳が頻繁でママが疲れてきってしまっているという場合にはミルクを活用するのもありだと思います。

 

母乳は消化吸収に負担がないので、赤ちゃんの眠りは満腹の場合でも脳は活発に動いています。

 

そのためちょっとした物音でも起きてしまう傾向にあります。

 

ただミルクの場合は消化吸収に時間がかかるので、血液が胃に集まって、その分だけ脳にまわる血液が減少するのでぐっすり寝てくれるというメリットがあります。

 

こうしたことを利用して、ママが授乳に疲れたときなどに、家族に頼んでミルクを飲ませてゆっくりとお風呂に入ったり、リフレッシュする時間を作ることができます。

 

負担を軽減するような方法もしっかりと覚えておきましょう

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

母乳育児の基本

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る