母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

産後の脇の黒ずみが消えない!原因と解消法を徹底解説

読了までの目安時間:約 10分
産後の脇の黒ずみが消えない!原因と解消法画像

産後や妊娠中の脇の黒ずみで悩んでいる女性は多いです。

 

脇に限ったことではなく、産後や妊娠中には乳首が黒くなったり、お腹に妊娠線などのような黒ずみが出たりして、体のあちこちに黒ずみのようなものが発生します。

 

脇の黒ずみもこういった妊娠や産後によく出てくる症状の一つではありますが、こういった黒ずみは自然に消えるものなのでしょうか?

 

結論から言うと自然に薄くなっていきます。ただ完全に黒ずみが消えるかということそれは疑問です。

 

しっかりと元のキレイな脇に戻したいと思うなら原因と解消方法を知っておきましょう。

 

産後や妊娠中の脇の黒ずみは自然に消えるのか?

産後や妊娠中の脇の黒ずみは自然に消える

 

産後や妊娠中の脇の黒ずみは基本的にはそのままにしていれば消えることもありますが、それは個人差があります。

 

早い人だと半年くらいで産後や妊娠中の脇の黒ずみが消えることもありますが、人によっては2年くらいかかる場合もあります。

 

また、こういった産後や妊娠中の脇の黒ずみは場合によってはそのまま残る可能性もあります。

 

もちろんある程度は薄くなりますが、それでも昔のように完全に元通りになるとは限らないということです。

 

そのためしっかりと産後や妊娠中の脇の黒ずみを解消したいと思っているなら、あらかじめ原因と解消方法を知っておく必要があるということです。

産後や妊娠中の脇の黒ずみの原因

産後や妊娠中の脇の黒ずみの原因

 

産後や妊娠中の脇の黒ずみはいくつか原因があります。

 

元々脇が黒くなる原因についてもいくつかりますが、それに加えて妊娠や出産という特別な状況が加わってくるので少し複雑になってきます。

 

基本的に共通するのはメラニン色素の沈着が黒ずみの原因ということです。

 

このメラニン色素が沈着する、産後や妊娠中特有の脇の黒ずみの原因については2つになります。

 

それは妊娠や産後による女性の「ホルモンバランスの乱れ」と「育児によるストレス」が大きな原因としてあります。

産後や妊娠中のホルモンバランスの乱れ

産後や妊娠中の脇の黒ずみの大きな原因の一つが、産後や妊娠中のホルモンバランスの乱れによるものになります。

 

妊娠や産後の時期には女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が活発になってきます。

 

このプロゲステロン(黄体ホルモン)は胎盤などを含めて、赤ちゃんの成長を助ける働きがあるホルモンになってきており、このホルモンがメラニン色素を増加させる働きもあるのです。

 

メラニン色素は紫外線などの外部刺激から肌を守ってくれる効果があり、乳首が妊娠中や産後に黒くなるのは、赤ちゃんへの授乳の際に乳首のダメージを軽減さえるためだとされています。

 

元々は授乳のための乳首の保護のためにメラニンが活発に作られているけど、その影響が脇にも出てしまっているのが「産後や妊娠中の脇の黒ずみ」ではないかと思われます。

育児によるストレスでも黒ずみが発生する

産後は育児に忙しくてストレスが溜まる女性も多いのではないでしょうか。

 

妊娠や出産によって産後はある程度のメラニン色素が排出されますが、育児などでストレスが溜まっていると、体に色々な影響を与ええます。

 

脇への黒ずみに対しては、ストレスによって新陳代謝が低下して、脇を含めた肌への代謝も遅れるようになります。

 

メラニン色素は肌の新陳代謝によって排出されていくので、ストレスによってそれが低下するとメラニンが色素新着して黒ずみが残るようになるということです。

その他の脇の黒ずみの原因について

産後や妊娠中とは関係ないですが、普段の生活の中でも脇が黒ずむ原因は潜んでいます。

 

その中でも一番多いのが、脇毛処理によってできる黒ずみになります。

 

脇毛処理を行うとどうしても脇へダメージが残ってしまいます。

 

メラニン色素は肌へのダメージを抑えるために生成されるものなので、脇毛処理などによって肌へのダメージが多くなってくると、メラニン色素が多く出てきます。

 

そのため脇へのダメージが多いような「毛抜きによる脇毛処理」や「カミソリによる脇毛処理」が日常化していると脇の黒ずみになる可能性が高くなります。

産後や妊娠中の脇の黒ずみの解消方法

産後や妊娠中の脇の黒ずみの解消方法

 

産後や妊娠中の脇の黒ずみ解消を行う場合には、いくつかの方法がありますが、日常生活でできることは限られています。

 

基本的には自然に消え行くことが多い産後や妊娠中の脇の黒ずみですが、なかなか消えない場合には、黒ずみ解消に特化している商品を利用するのも一つの方法です。

 

下記で産後や妊娠中の脇の黒ずみ解消の方法についてまとめたので参考にしてください。

 

産後や妊娠中の脇の黒ずみ解消法

    • 脇毛処理の方法を考える
    • 保湿を行って肌を守る
    • ストレスを溜めない
    • ビタミンEを積極的に摂取する

脇毛処理の方法を考える

産後や妊娠中に限らず、脇の黒ずみは脇への肌ダメージが一つの原因になっているので、脇にダメージを与えないことが大事になります。

 

具体的には脇毛処理の方法です。脇毛処理によって脇にダメージを与えるような処理方法を行うと脇が黒ずむようになります。

 

まずは「毛抜きでの処理」や「カミソリでの処理」を控えるようにしましょう。

 

処理方法としては電気シェーバーなどが無難な方法で、一番良い脇毛の処理方法は脱毛サロンに処理をお願いすることです。

 

最近では脇脱毛は脱毛サロンで、キャンペーンによってワンコインで行えることもあるのでお試しで利用するのも良いと思います。

保湿を行って肌を守る

脇の黒ずみを作らないためには普段から脇への十分なバリア保持が大事になってきます。

 

そのために脇がカサカサだとダメージを受けやすくなるので、しっかりと保湿ケアを行うことが大事です。

 

しっかりと保湿を行うことによって脇の代謝を高めてしっかりとメラニンを排出するターンオーバーを促進することが黒ずみを解消することに繋がります。

 

基本的なことですが、脇毛処理の後にしっかりと保湿を行うか行わないかによって、結構黒ずみ対策効果が違ってくるので、脇毛処理のあとは行うようにしましょう。

ストレスを溜めない

産後はどうしても育児が忙しくてストレスが溜まりがちになってしまいます。

 

上記でもストレスによって新陳代謝が低下してしまうことによってメラニンが排出されにくくなってしまって、脇などのへの黒ずみが残りやすくなってしまうと解説しました。

 

そのためできるだけストレスを溜めないようにすることが、脇へのメラニン色素沈着を防ぐ大事なことになります。

 

これは産後の黒ずみ特有のことなので、注意が必要です。

 

またストレスがずっと溜まった状態だと、産後のホルモンバランスの乱れが正常に戻るのも遅れる可能性があるので、それだけ黒ずみが濃くなっていく可能性もあります。

ビタミンEを積極的に摂取する

食事からしっかりと黒ずみ対策を行うならビタミンEを積極的に摂取するのが効率的な方法です。

 

ビタミンEはエイジングケアの効果が高いビタミンになっており、抗酸化作用があり、血行を促進して肌の新陳代謝を高める効果があります。

 

肌の新陳代謝の向上はメラニン色素の排出に繋がってくるので非常に重要なことになります。

 

母乳育児をしていると栄養などに気を使っているママも多いと思うので、食材からビタミンEを摂取するといいと思います。

 

具体的には、モロヘイヤや赤ピーマン、かぼちゃ、しそ、パセリ、アボカドなどがビタミンEが多めで摂取しやすい食材だと思います。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

黒ずみケアの方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る