母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

産後の乳首や乳輪の黒ずみの原因と解消方法

読了までの目安時間:約 12分
産後の乳首や乳輪の黒ずみの原因と解消方法

産後に気になる体の変化の一つに乳首や乳輪の黒ずみという問題があると思います。

 

他にも乳首が大きくなるという問題もありますが、乳首や乳輪の黒ずみは非常に目立つので気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

実際に妊娠してから乳首や乳輪の色が少しづつ濃くなっていって、産後には黒くなってしまうのは女性としては大きな問題です。

 

妊娠する前のきれいな乳首や乳輪に戻す方法は無いのかと考えるのは当然のことだと思います。

 

ここでは乳首や乳輪の黒ずみの原因と解消方法について説明しています。

 

妊娠や産後に乳首や乳輪が黒くなるのは自然なこと

妊娠や産後に乳首や乳輪が黒くなるのは自然なこと

 

妊娠や産後は女性ホルモンが刺激される時期なので、どうしてもメラニン色素が出やすくなってしまって、黒ずみやすくなるのが現実です。

 

そのため女性は胸は妊娠2ヶ月ごろから徐々に変化していって、出産直後には乳首や乳輪が黒ずんでいるような状態になります。

 

妊深や出産で乳首や乳輪が黒ずむのは自然なことで、赤ちゃんがママのおっぱいを探しやすいようにするためという側面も黒ずみにはあります。

 

そのため脇や膝などの黒ずみと違って、乳首や乳輪の黒ずみにははっきりとして理由があると言えます。

 

乳首や乳輪の黒ずみはある意味では赤ちゃんのためだとも言えるのです。

 

とは言っても授乳後もずっと乳首や乳輪の黒ずみがそのままだと問題ですよね。

 

そもそも乳首や乳輪が黒ずむ原因とは具体的な原因とはどのようなものなのでしょうか?

産後や妊娠での乳首や乳輪の黒ずみの原因

産後や妊娠での乳首や乳輪の黒ずみの原因

 

産後や妊娠での乳首や乳輪の黒ずみの原因にはいくつかあります。

 

乳首や乳輪の黒ずみを解消するには、まずはどのような原因で黒ずみが発生しているのかしっかりと原因を知ることが大事になってきます。

 

黒ずみの原因がわかればしっかりとした対策方法を立てることができるので、まずは下記で乳首や乳輪の黒ずみの原因をまとめたので参考にしてください。

 

産後の乳首や乳輪の黒ずみの原因

    • メラニン色素の増加と沈着
    • 赤ちゃんの授乳の目印のため
    • 授乳による乳首へのダメージを抑えるため

メラニン色素の増加と沈着

妊娠や産後は体内の女性ホルモンが非常に活発なります。

 

女性ホルモンが活発になるとメラノサイトというメラニン生成細胞が活発になってしまって、それによってメラニンが増加するようになります。

 

日焼けすると黒くなると思いますが、それはメラニン色素が原因になっています。つま体の黒ずみはメラニンと大きな関係があるということになります。

 

乳首が黒ずみ一番の原因はこのメラニンが乳首に蓄積することが原因なので、どれだけメラニンの対策ができるかが重要になります。

赤ちゃんの授乳の目印のため

妊深や産後に乳首や乳輪が黒ずむのは単に女性ホルモンが活発になるという理由だけではないです。

 

生まれたての赤ちゃんは母乳を飲んで成長しますが、その際の赤ちゃんはほとんど目が見えてないです。

 

そのため乳首が黒くなることによって赤ちゃんがオッパイを飲みやすいようにする目印になっているという側面があります。

 

こうしたことが乳首や乳輪が黒ずむ原因だと知ると合理的だと感じますよね。

授乳による乳首へのダメージを抑えるため

母乳育児で赤ちゃんに授乳していると、どうしても乳首にダメージが出てしまうことがあるんですよね。

 

赤ちゃんは思ったよりも強い力で乳首に吸い付いてくるので、普通の乳首だとダメージが大きくなってしまいます

 

そのためメラニンの色素沈着によって乳首を守っているという側面もあります。

 

つまり乳首や乳輪の黒ずみは、授乳の際のガードの役割を果たしているということになります。

 

そういった意味ではこの黒ずみによって母乳育児が楽になっているという側面もありますね。

産後に乳首や乳輪の黒ずみは自然に解消されるのか?

産後に乳首や乳輪の黒ずみは自然に解消

 

産後に授乳が終われば乳首や乳輪の黒ずみが解消されるかということが一番気になるところではないでしょうか。

 

母乳育児をする際には乳首や乳輪のガード為にある程度の黒ずみはしょうがないと感じてい人もいると思いますが、授乳が終わったらしっかりと元に戻るのか気になるところです。

 

基本的には整理が戻る頃には薄くなっている場合が多く、ホルモンバランスが元に戻ることによって、徐々に自然に黒ずみが解消されることが多いです。

 

ただしっかりと妊娠前と同じ状態になるかというと、戻るとは言い切れない部分があります。

 

やはり一度、乳首や乳輪が産後に黒ずんでしまうと、自然に完全に元に戻るということはないんですよね。

 

ではどのようにして産後の乳首や乳輪の黒ずみを解消していけばいいのでしょうか?

産後の乳首や乳輪の黒ずみ解消方法とは

産後の乳首や乳輪の黒ずみ解消方法

 

妊娠や出産による産後の乳首や乳輪の黒ずみは自然に完全に解消されるわけではないので、ある程度自分でできることを行なわないと、黒ずみが残った状態になる可能性があります。

 

そのため産後の乳首や乳輪の黒ずみを解消して元通りのキレイな乳首に戻すためにはしっかりとした解消方法を実践する必要があります。

 

下記で産後の乳首や乳輪の黒ずみの解消方法について説明しているので参考にしてください。

 

産後の乳首や乳輪の黒ずみの解消方法

    • 女性ホルモンの分泌過多を抑える
    • 食事でメラニンを減らすようにする
    • 乳首の黒ずみ解消商品を利用する
    • ホスピピュアで黒ずみ解消

女性ホルモンの分泌過多を抑える

産後の乳首や乳輪の黒ずみの原因は女性ホルモンの分泌によるメラニン色素の増加なので、女性ホルモンの分泌を抑えることができれば、それだけメラニンの生成を抑えることができるということです。

 

女性ホルモンの分泌を抑制できるの?と思う人もいますが、大豆に含まれている「イソフラボン」や緑茶に含まれている「カテキン」などが女性ホルモンを抑える効果があるみたいです。

 

ほかにも、みかんやオレンジ、レモンなども柑橘系のものも効果があるとされており、食生活からでも対策が可能になっています。

食事でメラニンを減らすようにする

メラニンは活性酸素という体の老化の原因になっている物質によっても、分泌されることがわかっています。

 

つまり活性酸素を抑えることができれば、老化を予防することはもちろんですが、メラニンの生成も抑えることができるということです。

 

活性酸素を抑える食べ物では「βカロチン」「リコピン」「ルテイン」「アスタキサンチン」「カプサンチン」などが含まれているものを摂取すると効果的です。

 

βカロチン⇒にんじん、ほうれん草、かぼちゃ

リコピン⇒トマト、すいか

ルテイン⇒にんじん、ほうれん草、かぼちゃ

アスタキサンチン⇒さけ、いくら、えび

カプサンチン⇒とうがらし、赤ピーマン

 

上記のような栄養素を積極的に摂取するといいです。

 

ちなみに活性酸素は紫外線ストレスなどによっても増えていくので、しっかりと体のケアを行なうようにしましょう。

乳首の黒ずみ解消商品を利用する

一番手軽に行なえる産後の乳首や乳輪の黒ずみの原因解消方法が、黒ずみ解消商品を利用するということです。

 

食事療法も大事なことですが、体の内部だけの対策だけではどうしても限界があります。

 

そのためからだの内部対策と並行して、黒ずみ解消商品などを利用した外部対策も行うようにするといいです。

 

当サイトでは黒ずみ解消商品について効果的なものをいくつか載せているので参考にしてください。

ホスピピュアで黒ずみ解消

ホスピピュアで黒ずみ解消ホスピピュアは産後の乳首や乳輪の黒ずみ解消に効果的な商品で、湘南美容外科クリニックが開発に参加している商品になります。

 

アットコスメなどの化粧品口コミサイトでも評価の高い商品で、多くの人がホスピピュアで乳首や乳輪の黒ずみ解消に成功しています。

 

当サイトではホスピピュアの効果はもちろんですが、詳しいメリットやデメリットについても掲載しています。

 

また詳しい副作用や口コミ評判、さらには公式サイトとアマゾンや楽天との価格比較情報も載せているので参考にしてください。

 

ホスピピュアの詳細レビューは下記で載せているので産後の乳首や乳輪の黒ずみ解消商品を探しているなら参考にしてください。

 

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

黒ずみケアの方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る