母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

母乳育児に成功する人と失敗する人の違い

読了までの目安時間:約 4分
赤ちゃんの体重の増加はどうして必要なの?

母乳育児をするにあたって、どうしても失敗する人と成功する人に分かれてしまうと言う現実があるようです。

 

体質的な理由もありますが、やはり多いのは考え方の違いによるところが結構あるようです。ではどういった考え方の違いが成功と失敗に分かれるのでしょうか?

 

体質的な問題の場合は、改善が必要だったりして、上手くいかないというのはしょうがない感じがしますが、考え方による違いなら知ることによって成功へと変えることが出来るか可能性が十分にあります。

 

下記から具体的な考え方についてご覧ください。

事実の受け止め方が成功と失敗の違い

事実の受け止め方が成功と失敗の違い

成功する人に多いのがプラス思考で物事を行っている人になります。

 

逆に母乳育児に失敗する人の特徴としてはマイナス思考でものごとを考えてしまう人に多いようです。

 

マイナス思考の人の中でも多いのが、真面目すぎる人頭で物事を考えすぎてしまう人マニュアルに頼り切ってしまう人などが途中で挫折してしまうという傾向が強いみたいです。

 

真面目な人は成功させるために色々な育児書などを読んだり、ネットで色々な情報を仕入れたりする人が多いですが、その仕入れた膨大な情報で何が正しいのか分からなくなってしまって、挫折してしまうというケースも結構あるようです。

 

成績優秀で子供の頃からエリートコースを進んできたママや、キャリアウーマンで完璧主義者のようなママの場合は注意が必要です。

 

母乳育児をしている間に「3時間以上寝てしまった…」「お肉を食べてしまった…」「母乳が足りずミルクを足してしまった…」「病院で薬を飲んでしまった…」などという感じでどんどん自分を追い詰めてしまうというような人も注意が必要です。

 

物事を深く考えたりし過ぎる人は失敗してしまう可能性が高いみたいです。

すべてが100%順調に行くことはない

すべてが100%順調に行くことはないの対処

母乳育児をする上で、理想を言えば食事制限を守って、3時間以内の頻繁な授乳をしたり、薬や食品添加物を接種しないようにすることです。

 

ただ行う期間は長いので、どうしても例外的なことが起こってしまうのは避けることはできないです。

 

成功している人でもある程度の例外や脱線があってもそこまで気にしないで、次からは気をつけようくらいの気持ちで臨んでいます。

 

すべてが完璧に行わなければならないとは思わないでくださいね。

深く考えすぎてストレスになるほうが問題なので、ある程度楽な気持ちで取り組むようにしましょう!

 

母乳育児に限らず、育児については肩の力を抜いて、哺乳動物としての親の役割を果たせばいいくらいの気持ちでやるといいと思います。

 

こうしなくてはいけないと考えすぎずに、普段から軽い気持ちで過ごせるように大きな気持ちで母乳育児に取り組むようにするといいと思います。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

タグ : 

母乳育児成功のポイント

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る