母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

母乳育児で食べないほうがいい食べ物とは

読了までの目安時間:約 8分
母乳育児で制限が必要な食べ物

赤ちゃんを母乳で育てる場合には和食が一番いいというのは説明していきましたが、赤ちゃんが飲みたがらないような母乳の原因になる食べ物は具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ちなみに授乳中の食生活についてはこちらが参考になるので是非ご覧になってみてはどうでしょうか。

 

まず母乳を飲みたがらないような代表的なものについては高カロリーで高脂肪の洋食をあげることができます。

 

他にも肉や卵や脂肪や乳製品を使ったもの、さらには砂糖を使ったような甘いものも厳禁になります。

 

こういった食材は乳汁の分泌を早める効果があるので、母乳の出がよくなったと思いがちになりますが、それは間違いです。

 

量が増えるのはいいことではありますが、味のほうは甘ったるくてしつこいような味だったり、塩っぽかったりしたり、さらには苦味があったりするケースがあります。

 

いくら量があっても美味しくない母乳の場合だと、赤ちゃんは飲んでくれないので、それだとどんなに乳汁の量があっても意味はないです。

 

母乳育児によくない食事と食べ物

母乳育児によくない食事と食べ物

 

母乳育児をスムーズに行うためには普段から食生活に気をつけるようにするのが大事なことになります。

 

具体的にどのような食べ物を食べると母乳育児に悪影響が出るのでしょうか?

 

下記で具体的な食べ物について載せたので参考にしてください。

 

母乳育児によくない食事や食べ物

    • 脂っこい物(中華・フレンチ・揚げ物・焼肉など)
    • 甘いお菓子(チョコレート・ケーキ・菓子パンなど)
    • 冷たい物(氷入りの冷えたジュースなど)
    • 食品添加物の多い物(インスタント食品・スナック菓子など)
    • ファーストフード
    • お餅
    • アルコール

 

ファーストフードやお餅、アルコールの大量摂取は母乳の質がドロドロになりやすくなるので注意が必要です。

 

これらは絶対に食べてはいけない訳ではないですが、乳管の細いママの場合だと、こういった食品を摂取することで、あっさりと乳管が詰まってしまう可能性があります。

 

また母乳の質がドロドロになってしまうと、味が悪くなるので赤ちゃんが飲まなくなってしまうことが多いです。

 

さらに赤ちゃんが飲まなくて、ドロドロの母乳が溜まるとトラブルが起こるので注意が必要です。

 

とは言ってもこういった母乳育児でのトラブルはママの体質によっても変わってくるので個人差があります。

 

場合によっては何を食べても大丈夫な体質のママもいます。

 

また授乳感覚をあけずに、赤ちゃんの母乳の飲み方が非常に上手だった場合にはちょっとした不都合があってもトラブルなしで済むこともあります。

 

しかしそういったケースは稀だと理解しておいたほうがいいです。

見逃しがちな食べないほうがいい食べ物について

syokuyouwa

和食がいいというのは知っている人も多いと思いますが、意外と見落としがちなのが魚の脂になります。

 

魚なら何でも大丈夫だと思っている人はいますが、実はそうではありません。

 

具体的にはトロやうなぎはもちろんですが、にしんやサバ、さんま、ぶり、はまち、いわし、アナゴ、ししゃもなどの脂肪分が多い魚も避けるようにしたほうがいいです。

 

他にもあくが強いといわれているタケノコや山菜類も避けたほうがいいです。

 

またスパイス系も刺激があるのでできるだけ摂取しないほうがいいと言われています。

 

ちなみに言うまでもないと思いますが、お酒やタバコも厳禁になります。

甘いものを食べたいなら和菓子を食べよう!

和菓子これまで普段からハンバーグなどの洋食や、ケーキやアイスクリームなどの高脂肪系の食事を中心に食べてきた人には上記のような食事制限はきついという人も多いのではないでしょうか。

 

やはり現代人は洋食はもちろんですが、アイスやスナック菓子など食生活が普通に欧米化しているのでストレスになるママも多いのではないでしょうか。

 

ただこれらの食事はすぐに母乳に反応するので注意が必要です。

 

実際にケーキなどを食べた翌日に授乳すると、赤ちゃんは飲まないケースが実際にあります。

 

そういは言っても甘いものがすべてNGというわけでもないです。

 

甘いものの中でも和菓子なら多少は大丈夫ということがわかっています。

 

どうしても我慢できないというケースの場合には、まんじゅうや水ようかん、さくら餅などの日本の伝統的な和菓子を食べるようにしましょう。

 

こうして見ると和菓子も含めて、日本人には昔からの伝統的な食事が一番健康にはいいということがわかります。

 

近年ではヘルシー料理や、自然食のブームがあるので、野菜を使ったお菓子やレシピが数多く出ているので、昔ほどは厳しくなくなってきています。

 

そういった意味ではレシピなどの情報を集めて工夫すれば、そこまでストレスの高い食生活になることはないと思います。

 

これをいい機会に、自分の作れるレシピを増やすというポジティブな思考に変えるといいと思います。

母乳育児では食べ方にも注意するといい!

母乳育児では食べ方にも注意するといい母乳育児をする際には、ママは食事をする際の食べ方にも注意することいいです。

 

東洋医学の考え方だと乳房は消化器系の仲間だと言われています。

 

つまり胃腸の調子が悪くなったり、無理をしている状態だと乳房のコンディションも悪くなると言われています。

 

胃腸と乳房の状態が連動する可能性があるということです。

 

つまり食事をする際の食べ方で、早食いなどをすると消化や吸収に時間がかかります。

 

慢性的な早食いだと母乳育児でトラブルが発生する可能性が高くなると言われています。

 

もし「下痢」や「便秘」、「胃もたれ」「胸焼け」「むかつき」「げっぷの出すぎ」「口内炎」「胃痛」などの症状がある場合には食べ方に注意するといいかもしれないです。

 

食事は毎日のことなので、できるだけ普段から気を使うようにすると母乳育児のトラブルも劇的に減る可能性があります。

 

母乳育児で乳房のトラブルが頻発しているなら食事や食べ方について見直してみてはどうでしょうか。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

母乳が良くなる食生活

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る