母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

母乳育児で順調に育っているのにミルクを勧められる場合

読了までの目安時間:約 4分
ミルク育児

母乳育児をしていると場合によっては医師からミルクを補足するようにと言われるケースもあります。

 

こういったミルクを補足するようにと言われる場合には何かしら体重や運動機能などに影響が出ているケースが多いですが、そうでない場合でもミルクを勧められることがあります。

 

ではどういった場合に順調に赤ちゃんが育っているのにミルク補足するように言われるのでしょうか。

 

良くあるのは保健センターなどでの集団健診でカウプ指数というものからやせ型だと診断された場合になります。

 

ちなみにカウプ指数とは、赤ちゃんの体重を身長の2乗で割った数値に10を掛けて算出する数字になります。

 

この指数は乳幼児の体型が痩せているのか肥満なのかをチェックする指数になっています。

 

月齢によって変化があって、一般的に新生児だったら13が標準となっており、6ヶ月くらいならば17が標準になります。

 

ただ標準値となるものが、月齢や年齢によって変化しますので、必ずしもそれによって痩せてているとは言いがたいです。

 

カウプ指数はあくまでも大まかな目安で最優先事項ではないです。

 

母乳育児では医師のトンデモ指導がある

トンデモ医師

母乳育児ではWHOの「母乳育児成功のための10カ条」がありますが、これから逸脱度が高いほどトンデモ指導だと言えるのではないでしょうか。

 

具体的にはどんな医師のトンデモ指導があるのでしょうか。下記では一部を説明しているので参考にして見てはどうでしょうか。

 

・妊娠経過に異常がないのに妊娠中からのオッパイの手入れを厳禁

妊娠経過に異常がないなら母乳育児に向けておっぱいの手入れをするのは当たり前のことなので厳禁するのは間違った指導だと思ったほうがいいです。むしろ手入れをしないと母乳育児をする場合に色々な弊害が出てくるのでこういった間違った指導には従わないほうがいいと思います。むしろ別の小児科医に相談してみたほうがいいです。

 

・赤ちゃんに異常がないのに生後30分以内の母乳を認めない

赤ちゃんに異常がないのに生後30分以内の母乳を認めないと言うのはもしかしたらそこではミルク育児を推奨しているような病院である可能性がありますね。

 

・母子異室や定時授乳、哺乳量チェックで問題ないと言う

こういったことを指導している病院の場合には母乳育児を推奨している病院ではないと判断できると思います。母乳育児では母子同室で、頻回直母が当たり前です。こういったことから信頼できる病院なのか判断できるので参考にするといいかもしれないですね。

 

・お餅を食べたら母乳が良く出ると真剣に話す

母乳育児でお餅が良くないというのはよく言われていることで、お餅によって乳管が詰まってしまう可能性があるのは良く知られていることです。こういった間違った情報で母乳育児を指導するところはちょっと問題だと思います。

 

他にも色々なトンデモ指導がありますが、おかしいと思った指導があったら別の小児科医などに確認するようにするといいです。

 

医師の言うことに従うのは大事ですが、妄信しないで気になったらしっかりと質問するようにすることが大事だと思います。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

母乳育児のトラブル

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る