母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

母乳の搾乳方法と保存期間とは

読了までの目安時間:約 4分
bonyuugazou

母乳育児をする際に搾乳をするというのは基本的なことですが、手を使って搾った方がいいのか、あるいは搾乳機を使った方が効率的なのか気になっている人も多いです。

 

また搾った母乳を保存する際に注意点を知っておくといいと思います。

母乳育児をしていると色々な場面で母乳が必要になってくるので、事前に搾乳して用意しておくというのは珍しいことではないです。

 

特に仕事をしながら母乳育児をしようと思っているママの場合だと、搾乳は非常に大事なことなので、やり方はしっかりと理解しておいた方がいいです。

 

そこでよく疑問に思うのが搾乳は搾乳機か手がいいのかということです。

母乳の搾乳は搾乳機か手で搾るか?

bonyuuga母乳を搾る際に搾乳機を使うのか手で搾るのか悩む方もいるともいますが、状況によって使い分けるようにするといいです。

 

基本的には手で搾るのが一番無難だと思います。普通に搾乳を行う場合には15分から20分くらいの間で搾れる量で問題ないです。

 

母乳の分泌には個人差もあるので搾る量でノルマを課すのではなく、時間である程度区切るようにすると負担なく行えると思います。

 

ただママの職場復帰などで、仕事をしながら母乳育児を行うなど、搾乳が長期化しそうな場合には搾乳機を使ってもいいと思います。

 

あまり頻繁に搾乳が必要な状況だと腱鞘炎になる可能性もあるので、搾乳機を利用するといいです。

 

搾乳間隔が多きければ搾乳機を使う必要もないですが、間隔を空けすぎると乳腺炎のリスクがあるのでなかなかそうはいかないんですよね。

 

また搾乳期間を空けると母乳分泌の量も減ってきてしまうので、そのあたりは個人の裁量によりますね。

母乳の保存方法と保存期間とは?

miruking搾乳した母乳の保存期間がどれくらいなのか気になっているママもいるのではないでしょうか。

 

自宅で母乳育児をしている人の場合にはそこまで気にならないかもしれないですが、母乳育児を仕事をしながら行っているママの場合だとやはりしっかりと知っておきたい部分だと思います。

 

搾乳した母乳の保存期間は月齢によっても違いますが、24時間は冷蔵庫で保管できます。

 

また冷凍母乳は自宅の冷蔵庫で1ヶ月間は普通に保管することができます。

 

例えば仕事をしながらの母乳育児の場合には、仕事場などの出先で搾った母乳は、24時間以内に飲ませる場合なら、冷蔵庫に保管しておくといいです。保管するものは、消毒してある哺乳瓶密封できる蓋付きコップでも問題ないです。

 

冷凍や冷蔵の場合も母乳を運搬する場合には、クーラーバッグなどに保冷剤などをつめて冷やしながら運搬するようにするといいです。

 

たまに搾乳後に冷蔵保存して飲ませようかという時に、変なにおいがしたり、味が悪くなっているように感じる場合がありますが、24時間以内のものなら問題ないです。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

母乳育児の基本

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る