母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

母乳が出ない人の特徴と原因とは

読了までの目安時間:約 11分
乳腺炎は急性化膿性乳腺炎とうっ帯性乳腺炎があるが必要

母乳育児をしたいと思っていても、いざ出産したら母乳がでないというママもいるのが現実です。

 

母乳が出ないという人は体質的な問題があるという話がありますが、実際にはどうなのでしょうか。体質で母乳が出ないということはあるのでしょうか?

 

母乳が出ないということにはいくつかの原因があります。

 

そこで母乳が出ないという方のために、その理由と原因について下記で説明してみました。

 

よかったら参考にしてみてください。

母乳が出ないと悩んでいる人の原因と理由

母乳が出ないと悩んでいる人の原因と理由

母乳が出ない理由は色々とあります。

 

身体的な要因や精神的なストレスなどの場合もあります。

 

他にはホルモンや発育不全などがあります。

乳腺組織の発育不全で母乳が出ない

まず理由として挙げられるのは、乳腺組織の欠損乳腺組織の発育不全などがあります。乳腺組織とは乳管や乳腺などがそれにあたります。

 

つまりはなんらかの原因によって、おっぱい自体が正常に機能してないような状態になります。

 

ただこれはかなりレアなケースと言えると思います。

 

他に考えられる理由についてはホルモンのバランス異常をあげることができます。

ホルモンバランスの異常で母乳が出ない

ホルモンバランスの異常で母乳が出ない

出産の際に出血量がかなり多かった場合などでは、下垂体機能不全というような状態になる可能性があります。

 

そうなってしまうと母乳を作るホルモンであるプロラクチンや、母乳を射出するホルモンであるオキシトシンがさっぱり出てくれない状態になることがあります。

 

そうは言っても、出血の多かった人がすべて母乳が出なくなるわけではないので必ずしもそれが理由とはいえません。

 

基本的に母乳がでないというのは上記のようなアクシデントのような状況がおこらないと発生しません。

 

結論を言うと元から母乳が出ない体質というものはなくて、何かの二次的な要因で母乳の分泌不全になる可能性はあるということになります。

その他の母乳が出ない原因と理由

その他の母乳が出ない原因と理由

あとはやはり母子異室で生まれたばかりの赤ちゃんに母乳をあげることができなかったという場合や、お母さんが食事をまともに摂取できないような状況や、母乳の分泌を抑制するような薬を飲んでいる場合などもあります。

 

その中でも一番のポイントは母子異室の場合だと思います。

 

母乳を出すためには母子同室が絶対条件になります。

 

それはこちらでも説明しましたが、母乳を出すためにはオッパイに刺激を与えないと出ないです。

 

そのために産後1週間くらいは頻繁に授乳してオッパイの活動を頻繁にする必要があります。

 

この時期に母子異室で頻繁に授乳できないと母乳の量はどんどん減ってきてしまうので、母子異室のせいで母乳の出が良くないというケースは結構あります。

 

母乳が出ないという場合で、ミルク育児を推奨しているような病院に相談しているようなことはないですか?

 

母乳のことなら完全母子同室で母乳育児を推奨しているような病院を選ぶのが対策の基本になります。

母乳が出ないママの特徴とは

母乳が出ないママの特徴とは

 

出産後にまったく母乳がでないという人はほとんどいないと思いますが、母乳分泌が安定するまで時間がかかるということは良くあることです。

 

下記のような人は注意が必要になります。

 

母乳が出ない可能性がある人の特徴

    • 低血圧や高血圧の人
    • リウマチ体質を持っている人
    • 自家中毒にかかったことがある人
    • 自律神経失調症の人
    • 肩こりがひどいという人
    • デスクワークなど肩をよく使う人
    • 長時間事務仕事をしている人
    • 心身のストレスが強い人
    • 激しいスポーツをしている人
    • スポーツをやっていて急に止めた人
    • 薬で人為的に母乳の分泌を止めたことのある人
    • 早産や流産、人工中絶の経験のある人
    • 薬物を使っている人
    • 洋食の食生活を長く続けてきた人

 

上記のような人の場合は母乳が出にくくなったり、分泌が安定するまでに時間がかかる可能性があります。

 

こうして見ると当てはまるという人もかなり多いのではないでしょうか。

 

特に働きながら母乳育児をしているママの場合にはデスクワークや長時間の仕事、ストレスがなどがたまっている人が多いので注意が必要です。

 

ただ上記に当てはまると必ず、出にくくなるというわけではないですが、しかし可能性は高くなるので注意するようにしましょう。

母乳が出ないなら専門家に相談しよう

母乳育児相談複数当てはまる人もいると思いますが、心配なら専門家に相談するのもいいと思います。

 

特にデスクワークや洋食という箇所に当てはまる人が結構いるのではないでしょうか。

 

デスクワークについては普段からできるだけ姿勢に気をつけて作業をすると、リスク軽減に繋がるのでやってみるといいです。

 

姿勢改善によって肩こりや肩への負担が軽くなるので効果的だと思います。

 

体質改善には時間がかかりますが、気づいた時点で生活をあらためることによって十分に間に合うので取り組んでみてはどうでしょうか。

 

またマッサージをすることによって乳腺の詰まりと取ることができ、乳房の中に溜まっている古い母乳を出すことで、乳房を活性化させると、新しい母乳の分泌が始まるようになるので、マッサージも積極的に行うようにすると効果的だと思います。

 

やれることをやることによって十分に可能性はあるので当サイトから詳しい情報を参考にして母乳分泌のための努力を行うようにしてみてはどうでしょうか。

母乳が出ない人向けの対策商品もある

母乳が出ない人向けの対策商品

 

母乳が出ない場合に専門家に相談することも大事ですが、母乳増量効果のある商品を利用するのも良いのではないでしょうか。

 

手軽に利用できる母乳増量関連商品は結構多く、当サイトでもいくつかの商品を紹介しているので利用を検討してはどうでしょうか。

 

母乳が出ない人のための母乳増量効果はもちろんですが、ママや赤ちゃんの栄養補給にも効果的なので、母乳育児で体に不調があるというママにもオススメです。

 

下記でいくつか商品を載せているので参考にしてください。

母乳の質と量を向上させる「母なるおめぐみ」

母なるおめぐみ母なるおめぐみは小豆を主成分にしている母乳の質と母乳の量を向上させる商品になっています。

 

主成分が小豆なので、アレルギーがない人は副作用なく利用でき、非常に健康的に母乳の質と量を改善することができます。

 

産後の体調をサポートする効果もあり、便秘改善効果など、女性の体の悩みに総合的に対応してくれるので、使い勝手のいい商品です。

 

価格も安くこれといったデメリットもないので、母乳が出ないと悩んでいるなら利用を検討してはどうでしょうか。

 

下記で母なるおめぐみのレビューを掲載しているので良かったら参考にしてください。

 

母乳育児のお得なサポート商品「たんぽぽ茶」

たんぽぽ茶たんぽぽ茶は結構前から母乳量を改善してくれる商品として売れている商品です。

 

おそらくたんぽぽ茶に関しては産院から勧められたという人も多いのではないでしょうか。

 

産院からも推奨されるくらい母乳が出ないママにはオススメの商品なので、母乳が出ないと悩んでいるなら試してみるといいです。お茶なので飲みやすく飲み物制限されているママからしたら非常にありがたいと思います。

 

価格も非常に安くお試しで利用するのも良いのではないでしょうか。

 

下記でたんぽぽ茶のレビューを掲載しているので良かったら参考にしてください。

 

母乳育児でコーヒーを飲める「たんぽぽコーヒー」

母乳育児でコーヒーを飲める「たんぽぽコーヒー」

たんぽぽコーヒーは母乳育児向けのママのためのコーヒーになります。

 

母乳育児をする前までは日常的にコーヒーを飲んでいたママも多いのではないでしょうか。

 

しかし母乳育児を始めると、カフェインが制限されるので、コーヒーを飲めなくてストレスを感じていたママも多いと思います。

 

ストレスがたまると母乳が出なくなったり、体にも色々な不調が出てきたりするので、たんぽぽコーヒーのようなノンカフェインのコーヒーを利用するといいと思います。

 

たんぽぽコーヒーは母乳が出ないママの母乳量を増やしたり乳腺炎予防などのもなり価格も安いです。

 

下記でたんぽぽ茶のレビューを掲載しているので良かったら参考にしてください。

 

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

タグ :

母乳が出ない

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る