母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

正中線が消えないママ必見の産後に消す方法

読了までの目安時間:約 12分
正中線が消えないママ必見の産後に消す方法

正中線が消えないということで悩んでいるママは多いです。おへその下辺りに出来るk茶色っぽい線である正中線の消す方法について知りたいと思っているなら参考になると思います。

 

正中線のできる原因や正中線を消す方法など、妊娠中や産後にできる正中線ケアの方法について載せています。

 

正中線と聞くと、意外と妊娠線と混同している人が多いんですが、正中線は妊娠線とは違ったものなんですよね。

 

そもそも正中線は元々人間にあるものなんですよね。具体的にはどういくことなのでしょうか?

正中線とはどういうものなの?

正中線とは正中線は胎児の時の細胞分裂した時の名残になります。

 

こういったものは私達の身体の中にいくつもあり、鼻の下の筋や、アゴの割れ目もその名残になります。

 

正中線もそういった細胞の結合部の一つになっており、男女関係なくあるものなのです。

 

ではどうして妊娠中や産後に目立つようになるのでしょうか?

 

それはホルモンバランスが変わってしまって、メラニン色素が蓄積されてしまったことで目立ってしまっているというのが正中線の真相です。

 

つまり正中線は誰にでもあるもので、通常は目立たないようになっているだけにすぎないということです。

 

そのため正中線は病気でもないし、痛みやかゆみもないのでこれといって何か問題が起こるということもないです。

正中線と妊娠線の違いとは?

正中線と妊娠線の違い正中線と妊娠線を混同している人は結構多いです。

 

確かにできる部分が同じような場所で、線のようなものができるという共通点があるので混同するのも無理ない話しだと思います。

 

正中線はホルモンバランスの変化によるメラニン色素が原因ですが、妊娠線は妊娠することによって、お腹が大きくなることで、皮下脂肪が裂けてできる線になります。

 

また正中線は触っても凸凹したような感触もなく、違和感を感じないと思いますが、妊娠線は皮膚が裂けているような状態なのでデコボコした感触があります。

 

さらに正中線は元々人間の体にあるものなので、痛みやかゆみなどの違和感を感じないですが、妊娠線は皮膚が裂けているのでかゆみや痛みを伴うケースもあります。

 

決定的な違いは、正中線はメラニン色素が原因なので、時間の経過によって自然に消えますが、妊娠線は完全に消えないことが多いです。

 

こうして見ると正中線と妊娠線は、発生原因の根本的な部分から違うことが分かると思います。

正中線で赤ちゃんの性別を調べることができる?

正中線で赤ちゃんの性別

 

正中線は妊娠中からできるので、それによってお腹の中にいる赤ちゃんの性別を調べられるという噂があります。

 

調べ方は簡単で

 

    • 正中線がはっきりと出ているなら男児
    • 正中線が目立たないようなら女児

 

ということです。わかりやすいですね!

 

あくまでも噂なので根拠があるということではないみたいですが、いわゆる昔からる伝統的な言い伝えのようなものなので、よかったら参考にしてみてください。

 

ちょっとした正中線の雑学になります。

妊娠すると正中線が目立つ理由は?

妊娠すると正中線が目立つ理由

 

正中線はメラニン色素によって元々あるものが目立つようになっているに過ぎないと説明しましたが、どうして妊娠すると正中線が目立つようになるのでしょうか?

 

妊娠すると正中線が目立つようになる理由は2つあります。

 

皮膚が引っ張られると正中線が目立つ

 

妊娠してお腹が大きくなると、それだけ肌が引っ張られることになります。

 

肌が引っ張られると、目立たなかった正中線が目立つようになってくるという仕組みです。

妊娠中は女性ホルモンが乱れるから

 

妊娠中は女性ホルモンがどうしても乱れてしまいます。そのためどうしてもメラニン色素の分泌が活発になることがあります。

 

人によってはメラニン色素の分泌が活発にならないという人もいるので人によって個人差があるかもしれないですね。

 

正中線は人によっては目立たないまま終わるという人もいますが、意外と多くの人は正中線が目立ってしまうことが多いので、正しいケアをして、早めに消す努力をするようにするといいです。

正中線をそのままにするといつ消えるのか?

正中線いつ消える正中線は元来人間の体にあるものなので目立つかどうかの違いなので、そのまま放置していてもいつか消えます

 

妊娠線はケアしなくてもそのまま放置していると消えるものなので、別に心配する必要はないんですが、いつ消えるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

人によって個人差はありますが、通常は産後6か月から12か月くらいで自然と目立たなくなってきます

 

つまり妊娠中のホルモンバランスの乱れが産後6か月から12か月くらいで落ち着いてくるという話です。

 

まあ、人によっては長期化する可能性もありますが、確実にいつかは消えるということは知っておいてください。

 

正中線はそのままにしていても、いつか消えていくものなのであまり気にないというもの一つの方法だと思います。

消えない正中線を早く消す方法はあるのか?

消えない正中線を早く消す方法

 

正中線はそのままでもいつかは消えますが、それでも1年くらいはそのまま残る可能性があるので、できるだけ早く消す方法がないのかと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

産後ダイエットのためにプールやジムに通うのに、正中線が残ったままだと恥ずかしいと思うのは無理のない話です。

 

また海などの観光先でも正中線があると楽しめない場合もあると思います。

 

そのため正中線を早く消すために効果的な方法をいくつか下記に載せているので参考にしてください。

 

肌の保湿で正中線を早く消すことができる

正中線の原因は肌のメラニン色素にあります。

 

そのため正中線を消すためにはメラニン色素を何とかする必要があります。

 

メラニンを追い出すには肌の代謝を促進する必要があります。いわゆる肌のターンオーバーということです。

 

美容に詳しい人なら知っていると思いますが、肌のシミを消すために肌のターンオーバーを促進するのは有名な話です。

 

肌のシミもメラニンによる原因のものがあるので、共通する部分です。

 

そのため肌のターンオーバーには保湿が重要になってきます。

美白効果サプリで正中線を早く消すことができる

正中線は肌のシミと共通する部分があるので、それを消す効果のある美白効果のある商品を利用するのも一つの方法です。

 

それなら美白サプリではなく、美白化粧品を使えばいいのではと思う人もいますが、顔に使う美白化粧品の場合だと、場所が顔ではないのでうまく肌に浸透しないので効果が薄いです。

 

そのため美白化粧品よりは、体の中から対策できる美白サプリを利用するほうが効果が高いとされています。

 

ただ母乳育児をしている人の場合だと、サプリによってどのような影響が母乳に出るのか判断できないので、利用する際にはあらかじめ医師と相談したほうがいいかもしれないですね。

 

母乳育児をしているママの場合には別の方法もあるので、そちらを利用したほうがいいかもしれないですね。

 

レーザーで正中線を早く消す方法もある

レーザーでシミを除去するというのはよくある方法ですよね。

 

シミ取りレーザーは濃いシミを短期間で取ることができるので、顔のシミをこれで除去している人も結構多いです。

 

ただレーザーを使って正中線を除去しても、その部分の肌にはダメージが残り、肌が弱ってしまい、またシミができやすい状況になっているので、しっかりとケアが必要になります。

 

またレーザー治療なので料金もある程度かかること覚悟しないといけないです。

 

まあ、正中線はそのままにしていても消えていくものなので、レーザーを使ってまで消す必要があるかということもありますけどね。

正中線を消す専用の商品を利用する

正中線を消す際の方法で一番手軽に正中線を消すなら専用の商品を利用するようにするといいです。

 

最近では正中線に対応している専用の商品が出ているので、そういった商品を利用するのが一番手軽で効果的な方法だと思います。

 

正中線対策のメイドバイマムクリーム

メイドバイマムクリームメイドバイマムクリームは妊娠中の正中線や妊娠線を消すのに効果的なクリームになっています。

 

また肌の黒ずみなどにも対応しており、肌の気になる黒ずみ部分にも利用することができます。

 

妊娠中や産後の体の悩みの解決に役立つのに、一つくらいは持っておくとかなり役立つと思います。

 

実際に私が利用しているレビューも載せているので下記から私の体験談のご覧になってみてください。

 

メイドバイマムクリームやじるし

 

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

産後の身体ケアの方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る