母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

断乳の時期はいつがベストか

読了までの目安時間:約 4分
断乳の時期はいつがベストか

断乳の時期について気になっている人も多いと思いますが、具体的にはいつくらいまで母乳を飲ませて、いつくらいに断乳するようにするといいのでしょうか?

 

やはり断乳するにしてもある程度の時期指定がないと自分で勝手に時期を判断するのは難しいですよね。

 

断乳の目安としての判断基準は、一人歩きができるころまで母乳を飲ませるのが理想だと言えます。

 

そのため時期としては、1歳半から2歳くらいが目安になってきます。

 

男の子の場合は2歳過ぎくらいまで飲ませるのがいいと思います。よく1歳を過ぎるくらいになると授乳をやめるように言われることがあります。

 

確かに赤ちゃんが自分で飲まなくなる卒乳に合わせていると、甘えん坊になるとか自立心がなくなるとか、乳離れしにくくなるなどの傾向があります。

 

しかしきちんと断乳を経験させるためにはしっかりと2歳前後くらいまで飲ませることで、愛情豊かな自立心の強い子供を育てることができます。

断乳できる条件について

断乳できる条件について

赤ちゃんが一人歩きできるまで授乳が必要な理由とは何なのでしょうか?

 

哺乳類の子供と言うのは、生まれてまもなく自分の足で立って歩く事ができます。それは歩けるようになるまで母体で保護されながら成長していたということです。

 

ただ人間の子供の場合には歩けるようになるまでに1年くらいかかります。

 

そういった意味では他の哺乳類に比べて1年ほど早産だとも考えることができます。

 

動物と言うのは自然界で生き抜くためには自分の力で食料を獲得しないといけないです。そのためには自分で歩けることは大前提です。

 

歩行能力と消化吸収能力は密接にリンクしており、自分の足で歩けるようになったくらいに大人と同じようなものを食べて消化できるようになります。

 

またこのころになると歯も揃って、たいていのものも食べられるようになるのもこの時期です。

 

こうして考えると赤ちゃんが歩けるようになる時期に、断乳するということは、赤ちゃんの身体面の発達という合理的な理由から最適な時期だということがわかるのではないでしょうか。

 

あとよく言われているのが、赤ちゃんの歯が生え揃った頃まで母乳を飲ませていると虫歯になるという話しがあります。

 

しかしよく誤解されている人がいるのですが、母乳では虫歯にはならないです。

 

虫歯の原因になるのは母乳ではなく、砂糖などの入った甘いものになります。

 

まずは上記のような時期で断乳することを検討してみてはどうでしょうか。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

断乳について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る