母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

帝王切開での母乳育児について

読了までの目安時間:約 4分
初乳には多くの免疫物質が含まれている!

母乳育児で赤ちゃんを育てたい場合では、最初の病院選びが非常に大事になってきます。

 

病院によってはミルク育児を推奨しているよな病院もあるので、そういった病院を選んでしまうと大きなハンデになってしまうので、そういった病院は避けるようにする必要があります。

 

ちなみに病院の選び方についてはこちらを参考にするといいと思います。

 

上記で紹介している選び方以外の条件として、自然分娩がいいなど人によっては色々な条件があると思います。

 

ただすべてを満たす病院がないと言う場合があります。

 

それはあくまで理想であって、こうでなくてはならないというものでもないです。ただそういった場合でも、病院に自分の希望を告げる必要があります。

 

病院が決まったらあらかじめ、自分の望んでいる出産スタイル育児スタイルをしっかりと病院に伝えることが大事になります。

 

伝えないと病院もわからないのでコミュニケーションは密にするようにしましょう!

出産年齢が高いと帝王切開になるケースもある

出産年齢が高いと帝王切開になるケース

自然分娩がいいと思っていても、近年は出産年齢が高くなってきているという現実があるので、帝王切開になってしまうというケースが増えています。

 

そういった場合だと母乳育児は難しいと思っているママもいるかもしれないですが、そこまで支障はないので心配しなくても大丈夫です。

 

帝王切開でお産をした場合でも、できるだけ赤ちゃんをそばに連れてきてもらって、最初は添い寝をするように抱いて、乳首を舐めてもらうだけでもいいと思います。

 

まずは哺乳瓶の乳首に慣れる前に、ママの乳首をしっかりとわかってもらえればいいのです。

 

帝王切開だとお腹の傷が赤ちゃんにあたって痛いというケースもあるので、そういった際には逆抱きしたり、クッションを利用したりして、ママが寝たまま横向きで飲ませるようにするといいと思います。

 

こういった際にも看護士や家族の手を借りることは大事です。

あらかじめこういったサポートについても、病院選びの際に相談しておくと安心かもしれないですね!

 

帝王切開で生まれた赤ちゃんの場合だと、出産時のストレスがないので、誕生後しばらくは自分が胎内にいると思っている赤ちゃんもいるようです。

 

そのため積極的に母乳を飲まない赤ちゃんがいますが、そこは焦らずに飲ませる訓練をするようにするといいです。

 

ちなみに自然分娩でも、授乳を始めたばかりくらいの数日は母乳が出にくいケースはよくあるので、乳首に慣れさせるようにするといいです。

 

出にくいとしても赤ちゃんには皮下脂肪に約3日分の栄養を持って生まれてくるので、2日や3日で体重が減少したとしても、あわててミルクをあげる必要はないです。

 

まあ、そうはっていも赤ちゃんの体重の増減については自分で判断せずに、しっかりと医師などに相談するようにするといいです。

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

病院の選び方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る