母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

母乳育児や産後ママのお助け商品画像

妊娠線が消えないママ必見の予防と消す方法

読了までの目安時間:約 17分
妊娠線や肉割れを消す方法や予防方法を検証

妊娠すると気になるのが妊娠線や肉割れではないでしょうか。妊婦の7割以上は妊娠線が出ると言われているので、妊娠線が出ること自体は珍しいことではないです。

 

問題は妊娠線はそのまま残る可能性があるということです。しっかりと予防やケアをしないと妊娠線がなかなか消えないでそのまま残ってしまう可能性があるので注意が必要になってきます。

 

しかし多くの人が妊娠線や肉割れなどで悩んでいる中でも、3割の女性は妊娠線などができずに出産後も綺麗な体を維持しています。

 

では妊娠線や肉割れなどを作らないためにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

まずは妊娠線がどのようなものなのかしっかりと知っておく必要があります。

妊娠線とはどのようなものなの?

妊娠線とは妊娠線はお腹や太ももなどにできる細い線のようなものをいいます。

 

妊娠した際によくできるものなので妊娠線と呼ばれていますが、肉割れと呼ばれる症状と同じですね。またストレッチマークとも別名では呼ばれています。

 

妊娠線は急激にお腹が大きくなることによって皮膚の伸びがカバーできずに裂けてしまうような症状です。

 

妊娠線の出方については人によって個人差があり、中には正中線が出るという人もいます。

 

参照:正中線について

 

妊娠線は時間の経過によって目立たなくなってきますが、完全に消えるのかというと、なかなか消えることはないです。

 

お腹などに出た妊娠線は服等でごまかせますが、足や太ももに出ると目立ってしまうのでファッションが制限されてしまう可能性があります。

 

ではどのような原因で妊娠線はできてしまうのか詳しく見てみましょう!

妊娠線ができやすい人はどんな人?

妊娠線ができやすい人妊娠線が出る人は妊婦さんの中でも非常に多く、7割の人が妊娠線が出ると言われているので、ほとんどの人が妊娠線ができやす人に当てはまることになります。

 

しかしその中でも3割くらいの人は妊娠線が出ない状態で普通に出産を迎えて、妊娠線の苦労を知らないまま生活しています。

 

そこでどんな人が妊娠線が出やすいのか知っておくといいと思います。

 

自分で調整することによって妊娠線ができにくい体にすることも可能なので知っておきましょう。

 

妊娠線ができやすい人

    • 脂肪が多い人は妊娠線ができやすい
    • 小柄で痩せている人は妊娠線ができやすい
    • 双子などの多胎妊娠の人は妊娠線ができやすい
    • 乾燥肌やアトピー体質の人は妊娠線ができやすい
    • 高齢妊娠の人は妊娠線ができやすい

脂肪が多いと妊娠線ができやすい

脂肪が多いとそれだけお腹の皮膚が伸びやすくなるので、妊娠線が出やすくなってしまいます。

 

できるだけ普段から運動したり、食事をバランスよくして体重をコントロールすることが大事になってきます。

 

自分の詳しい適正体重などは医師に確認してその範囲を逸脱しないように心がけると妊娠線が出にくくなると思います。

小柄で痩せていると妊娠線ができやすい

小柄で痩せている女性の場合は、普通の体型の女性と比べると、どうしても皮膚の面積が少なくなってしまうので、妊娠することによってお腹が大きくなると、それだけ皮膚に負担がかかるようになってしまいます。

 

そうなると妊娠線ができやすくなってしまいます。ただ元来の体系的な問題なので事前にどうするということはできないので、保湿や運動など、普段からできるケアをしっかりと行うようにしましょう。

双子などの多胎妊娠の人は妊娠線ができやすい

双子などを妊娠したら、それだけお腹が通常よりも大きくなるので、それだけお腹の皮膚にかかる負担が大きくなります。

 

皮膚への負担が大きくなるとそれだけ妊娠線が出やすくなるので、注意が必要になってきます。下記で載せている妊娠線予防の対策をおこなって、しっかりと準備するようにするといいです。

 

乾燥肌やアトピー体質の人は妊娠線ができやすい

乾燥肌やアトピー体質の人は肌の潤いや弾力などが普通の肌よりも劣っているので、それだけ妊娠によって肌が伸ばされた際に断裂しやすくなります。

 

そのためできるだけしっかりと肌へのケアを怠らないように注意する必要があります。

高齢妊娠の人は妊娠線ができやすい

35歳以上が高齢妊娠と呼ばれていますが、これくらいの年齢になってくると肌への潤いが若いときと比べると、どうしても劣ってきてしまうので、肌の弾力や伸びが悪くなってきます

 

そのため肌が弱くなる35歳以上の時期に妊娠すると妊娠線ができやすくなるので、肌ケアなどをしっかりと行って、妊娠線予防を刷るようにするといいです。

妊娠線の原因を知ろう!

妊娠線の原因

 

妊娠線は妊娠するとできるものなので、妊娠が原因といればそうなのですが、もう少し詳しく原因を分析しようと思います。

 

妊娠線の原因を詳しく知ることによって、どのような予防方法や対策方法を行うと効果的なのかが見えてきます。

 

下記で妊娠線ができる原因をまとめてみました!

 

妊娠線の原因とは

    • 妊娠による体型の変化
    • ホルモンの変化による影響
    • 肌の栄養不足による弱体化

妊娠による体型の変化が妊娠線の原因の一つ

妊娠すると赤ちゃんができてお腹が大きくなるのは当たり前です。

 

しかしお腹がどんどん大きくなって、皮膚が引っ張られたような状態になってしまいます。

 

そうなると皮膚が断裂して、線のような模様ができてしまいます。これが妊娠線になります。

 

皮膚が断裂した部分から毛細血管が透けて見えるので、赤っぽいような色が出てくるようになるのです。

 

皮膚が断裂する場所は人によって違ってきますが、妊娠線の場合には毛細血管が透けて見えるくらい皮膚が断裂するので、肌の奥の真皮細胞まで影響を受けます。

 

表皮部分の断裂なら回復しますが、肌の奥の真皮細胞まで影響を受けているのでなかなか回復しないのです。

妊娠によるホルモンの変化も妊娠線の原因の一つ

妊娠してお腹が大きくなってくるくらいになると、女性ホルモンなどのバランスが変化してきます。

 

その結果、ステロイドホルモンというホルモンの分泌量が増えてきます。このホルモンは肌の潤いは弾力にかかせないコラーゲンの生成を抑制する効果があり、これによって肌に弾力がなくなってしまって、妊娠してお腹が大きくなった際に、肌の伸びを抑制してしまいます。

 

またコラーゲンを抑制されると肌が乾燥してくるので、肌に潤いがなくなって、色々な肌トラブルを起こす可能性も出てきます。

妊娠によって肌への栄養が不足するのが妊娠線の原因の一つ

妊娠すると体型の変化はもちろんですが、食の好みや食べる量も変化してきたりします。

 

また妊娠すると夫や家族が気を使ってくれて何でもやってくれたりしますが、それによって運動不足になってしまったりもします。

 

こうしたことが肌への栄養に影響してきます。

 

妊娠すると食の好みが偏りがちになって、必要な栄養素が不足することが結構あります。そうなると肌への栄養が不足することもあります。

 

また妊娠してつわりが終わると、食欲が出てきて、子どもの成長のために沢山食べる人がいますが、そうなるとそれだけ皮下脂肪が増えて血液の流れが悪くなるので、自然と肌への血液の流れも悪くなり栄養が行き渡らなくなることもあります。

 

また運動不足も同様で、運動しないとそれだけ代謝が悪くなって、血液の流れも悪くなります。

 

このように肌への栄養に影響が出ると肌が弱くなり、肌が弱くなると、お腹が大きくなった際の肌の伸びに、肌が耐えられなくなって裂けてしまい妊娠線ができるようになります。

妊娠線の予防方法を知ろう!

妊娠線の予防方法

 

妊娠線はできてしまうとやっかいですが、しっかりと予防方法があるので、予防方法を実践してできるだけ妊娠線ができないような体作りを行うことが大事になって来ます。

 

自宅で簡単にできる方法を載せているので是非参考にしてください。

 

下記で妊娠線の予防方法をまとめてみました!

 

妊娠線の予防法とは

    • 肌の保湿をしっかりと行う
    • 代謝やバランスの取れた食生活を行う
    • 体重にしっかりと気を配る
    • 専用の商品を利用する

妊視線は肌の保湿で予防しよう!

妊娠線は肌の弾力が失われて、肌が断裂することによってできるので、肌の保湿をしっかりと行うようにすると肌の弾力を保つことができて、それだけ肌が断裂する可能性を抑えることができるという仕組みです。

 

保湿をすること自体は難しいことではないので、妊娠線対策の基本として是非行うようにしましょう。

 

妊娠線はお腹以外に太ももや足などにもできるものなので、できるだけ幅広く保湿をするようにするといいです。

 

最近では妊娠線対策に特化しているクリームなどが出てきているので、そういった商品を利用して入念にケアするようにするといいです。

普段からの運動やバランスの取れた食事で妊娠線を予防

運動することによって代謝がアップして、肌への血液の流れも良くなります。

 

適度な運動は体によく、よくプールやベビーヨガなど妊婦などに対応しているものがあったりしますよね。激しい運動をする必要はないですが、妊娠線予防や健康のためにも体は動かした方がいいです。

 

血液の流れが良くなれば、それだけ肌へも栄養が行き渡りやすくなるので、肌が弱体化することなく、妊娠による肌の伸びにしっかりと対応してくれます。

 

またバランスの良い食事も肌への影響に繋がってくる部分なので、できるだけバランスのいい食生活を送るようにするといいです。

 

またあまり冷たいものを飲まないようにしたりすることも大事です。体を冷やすと代謝が悪くなり、血液の流れも悪くなります。

 

食生活は出産後の母乳育児などにも影響が出てくるので、妊娠線予防だけでなく母乳育児のためにも重要な部分になります。

 

母乳育児と妊娠線予防に効果的な食事は下記を参考にしてください。

 

参照:妊娠中や出産前の食生活について

体重にしっかりと気を配ると妊娠線予防になる

妊娠すると赤ちゃんが大きくなるに従って、体重が増えていくというは自然なことです。

 

とは言っても、あまり極端に体重が増えていってしまうとそれだけ体型にも大きな影響を与えるようになります。

 

医師の指導による適正体重から外れるような体重になると妊娠線ができてしまう可能性があがってしまうので、しっかりと普段から体重に気を配ることが妊娠線予防につながってきます。

 

身長などによってある程度個人差はあると思いますが、基本的には出産までに増やす体重の許容領域は妊娠前プラス8kgから10kgくらいを目安にするといいです。

 

体重をしっかりと制限するのは難しいですが、上記で載せた食事と運動が大事になって来ます。

 

運動はウォーキングなど手軽にできることを行うようにするといいと思います。

 

出産には体力を大事になってくるので、妊娠線予防という意味だけではなく、お産に向けての体力づくりのためにも体重制限と体力づくりは心がけるようにしましょう。

妊娠線の専用商品を利用して妊娠線対策使用

妊娠線予防に対応した商品は色々あるのでそういった商品を利用すると効果的に妊娠線を予防することが可能になります。

 

普通の化粧品を利用すればいいのではと思う人もいると思います。

 

ただ妊娠中にお腹などに使うものなのであまり安易に化粧品を塗るのはどうかと思う部分もあるので、個人的には無難に専用の商品を利用した方がいいと思います。

 

市販の保湿化粧品などを妊娠線予防などに使う場合には、医師に相談して大丈夫なのか確認してから利用するといいかもしれないですね。

 

妊娠線に特化している予防クリームでは下記のような商品があるので参考にしてください。

 

ストレッチマーククリーム

 

ストレッチマーククリーム妊娠線対策として安くてかなり売れているのがストレッチマーククリームになります。

 

マッサージ不要で塗るだけで利用することが可能なので妊娠後期の場合でも使用することができます。

 

お腹以外の部部のケアにもしっかりと利用することができ、妊娠中はもちろんですが、産後も使用することができるので使い勝手がいいです。

 

値段も3000円以下なので割りと購入しやすいのも人気の理由の一つです。

 

 

ベルタマザークリーム

 

ベルタマザークリームベルタマザークリームは一番売れている妊娠線対策商品なのではないでしょうか。

 

ベルタシリーズの商品は非常に人気で、妊娠中や産後の体系維持のために利用している人は結構多いです。

 

妊娠中や出産後の肌トラブルなどに対応しており、乾燥肌などで悩んでいる人も利用するといいと思います。

 

ちなみに初回購入が500円と最安値なので、一番利用しやすい商品かもしれないですね。

 

bonyuikuzisyouhin
  母乳不足解消 妊娠線解消画像 産後脱毛画像 産後ダイエット画像 正中線解消画像 産後の黒ずみ解消画像

 

産後の身体ケアの方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る